2006年10月12日

日本沈没

映画“日本沈没”各メディアで騒がれてましたねーわーい(嬉しい顔)
もちろん私も見に行きましたよexclamation×2
感想はというと…「もう一ひねり欲しかったかな」っていうのが私の正直なところですあせあせ(飛び散る汗)
でも映像とストーリーは見事にマッチングしていたと思いますし、「草薙つよし」演じる小野寺と「柴崎コウ」演じるレスキュー隊員の玲子の切ないラブストーリーは、とっても純粋でイノセンスを感じることができましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
この映画のテーマである“日本沈没”、皆さんはどうご覧になりましたか?地球環境のバランスが大きく人間社会に偏ってきた現代、沈没とまではいかないまでも大きな天変地異が起きても不思議ではありません。
そんな大惨事の状況を仮想空間ですが映画でみると、人間の強さと弱さ、人間の優しさと怖さをとても強く感じますexclamation×2
映画の中でも人々が危険を顧みずに助け合う姿が描かれていましたが、ホントに素敵な姿ですねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
この映画は、主人公達の恋愛を1つの大きなメインとして取り上げていましたが、その一方で人間同士の繫がりを表現していたと私は感じましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
やさしく切ないラブストーリーを草薙つよしと柴崎コウが見事に演じてくれていますexclamation×2
映画でご覧になれなかった方は、是非DVDで見てみてくださいなわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)るんるん


posted by tom at 16:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DVD すみれの花咲く頃
Excerpt: 北国を舞台に、宝塚音楽学校を目指す少女の姿を描いた青春ドラマ。17歳の高校生・君子は、離婚した父と交わした「宝塚音楽学校入学」という約束を果たすため、母に内緒でバレエ教室へ通っていた。しかし同級生たち..
Weblog: 日本の感動
Tracked: 2007-09-07 09:50

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。