2006年12月21日

武士の一分 もう見ましたか?

みなさん、もう「武士の一分」はご覧になりましたか?
私はロードショー開始直後に見に行ってきたのですが、本当に素敵なストーリーでしたよね。
木村拓哉の太刀裁きが見ものなのかと思いきや、壇れいとの古風で素敵な真の夫婦愛がメインとなっている作品でした。
武士の一分、この言葉の存在はこの映画を見れば分かりますよね。
日本の武士が、武士として武士らしく生きた時代を、夫婦という視点から切り口を入れ、見やすくも内容の濃いものに仕上げた山田洋次監督、さすがですねぴかぴか(新しい)
武士のこだわりは、剣術にあるのではなく私生活にこそあったのでしょう。
このこだわりの持ち方を、現代の日本人はもう一度考え直す必要があるのではないかと感じました。
とりあえず、DVDがでたらもう一度じっくり見て、古風な世界の情緒に浸りたいと思いますわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)るんるん


posted by tom at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。